お知らせ
2015年12月20日
イメージカラーを変更しました。新しい色はイチハラブルーです。
2015.4.25 駅名標交換

5月1日より、駅名票を新タイプに変更いたします。
12.28 開業20周年記念企画
6.5 DC20系

DC20系の内、車番24、25、26が誕生しました!
4.1ロゴマーク制定。
当社のロゴ・略称が正式に決定されました。上のバナーのようになっています。
3.15ダイヤ改正。
駅名が大坂町駅から西島大坂に変更。
終電を遅くするため、上下各2本増発。
新型車両、DC20系誕生!



市鉄市原線 路線図


西島市駅からの距離
西島市駅     0.0km
共栄町南駅    1.7km
共栄町北駅    2.9km
西甲斐駅     4.0km
西島大坂駅    5.1km
成出須駅     7.2km
木胡桃駅     8.4km
木持駅      9.5km
市原市駅    10.9km

駅名標 サンプル

旧タイプ(2003年4月から2015年12月31日まで)

新タイプ(2016年1月1日から)


平均所要時間
西島市  0分
共栄南  3分
共栄北  5分
西甲斐  7分
西島大坂 9分
成出須  13分
木胡桃  15分
木持   17分
市原市  20分


2016年3月25日までの時刻表
西島市→市原市

西島市発9:23〜西島市発15:44まで1両編成。
それ以外は2両編成。

市原市→西島市

市原市発8:44〜市原市発16:10まで1両編成。
それ以外は2両編成。
2016年3月26日以降の時刻表
下り 西島市→市原市

<変更点>
 1.大幅に増発いたしました。
 2.金曜深夜の☆フライデーナイト☆を増設しました。
 3.金曜深夜の☆フライデーナイト☆快速を増設しました。
 4.快速を月曜日から木曜日までの運行に変更いたしました。

<変更点>
 1.大幅に増発しました。
 2.金曜深夜の☆フライデーナイト☆を設定しました。


各駅の時刻表

下り
上り
下り
上り
下り
上り

市原鉄道って?
1946年に市原軌道が西島線(西島市駅〜大坂駅)を開業させました。
1947年に市原軌道が市原線(胡桃渡駅〜市原市)を開業させました。
相次いで1950年に胡桃渡線(大坂駅〜胡桃渡駅)を開業させ、
1956年、渚海岸線(市原市駅〜渚町駅)を開業させました。
しかし、1966年大槻鉄道に統合され、西島線と胡桃渡線と市原線と渚海岸線を統合して、市原線が開業しました。
しかし経営悪化によって、1993年に1995年3月31日付で市原線の廃止を大槻鉄道が表明しました。
そのうち、人口が希薄な市原市駅〜渚町を廃止し、人口が一定数ある西島市駅〜市原市駅を橋尾県、市原市、西島市が出資する第三セクター、
市原鉄道として1995年3月27日会社を設立し、4月1日から運行を開始しました。

この20年間は決して、平坦な道のりではありませんでした。
1995年度から2002年度の財務状況は極めて厳しく、多額の累積赤字を抱えていました。
2003年、企業努力により、初の単年度黒字を達成し、
2012年、累積赤字が解消し、黒字になりました。
2016年には22年目を迎えますが、今後も市原鉄道をよろしくお願いいたします。


市原鉄道の駅

1.西島市駅
西島市仙台町水栄1044
大槻鉄道さんと接続する駅。
市原鉄道の1日当たりの利用客数は2704人です。

2.共栄町南駅
西島市共栄町1-72
住宅地の共栄町に位置する駅です。
1日の利用者数は199人です。

3.共栄町北駅
西島市共栄町8-6-53
共栄町の北部に位置する駅。
1日当たりの利用客数は334人です。

4.西甲斐駅
西島市甲斐172-86
西島ナンバー取得のための運輸支局はこの駅が最寄です。
壱日当たりの利用客数は151人です。

5.西島大坂駅
西島市大坂町49
市原線の中間に位置する、唯一の高架駅。
1日の利用客数は1997人です。
駅事務室営業時間 平日→6:50〜20:30
土曜・休日→7:00〜12:00、14:00〜20:00

6.成出須駅
市原市成出須町9
成出須団地が至近の駅。
利用者は1日当たり44人です。

7.木胡桃駅
市原市木胡桃町27
木胡桃山のハイキングにはピッタリな駅。
県立市原森林公園も徒歩15分です!
1日当たりの利用者数は34人です。


8.木持駅
市原市木持町1
住宅地の広がる地域に存在する駅。
1日の利用者数は303人です

駅事務室営業時間→平日 7:00〜18:50

9.市原市駅
市原市迩名町9
市原市の中心部に位置する駅。2Fは弊社の本社です。
1日の利用者数は999人です。
駅事務室営業時間→平日8:30〜17:30
休日10:00〜17:00


市原鉄道の車両

DC20系
2014年に導入した新形式です。
21、22、23、24、25、26の6両を導入しました。
将来的に、DC10系をすべて淘汰する予定です。
JR四国1500系7次車をベースとしています。
方向表示はフルカラーLEDを採用しました。
過去の車両

DC10系
1999年に3両導入した形式です。
2000年に14、15が追加導入されました。
11、12、13、14、15の計5両が在籍していました。
新潟鐵工所のNDCシリーズです。
2014年7月19日、営業運転を終了しました。
この車両は、14、15が九斗鉄道道明寺線へ転属されます。


DC10系さよなら運転のお知らせ

このようなポスターを斜体正面に貼付します。

また、各主要施設、各駅にこのようなポスターを貼付します。


開業20周年記念
2015年1月4日、わが市原鉄道は開業から20周年を迎えます。
そのため、以下の概要で記念セレモニーを執り行います。
場所:西島市駅、西島大阪駅、市原市駅、にしじま市民会館、市原市総合市民会館
時刻:西島市駅    1月4日  9:00〜10:00
西島大阪駅      1月4日 11:00〜12:00
市原市駅       1月4日 13:00〜14:00
にしじま市民会館   1月5日 11:00〜13:00
市原市総合市民会館  1月5日 11:00〜13:00


市原鉄道株式会社
Ichihara Railway Company
橋尾県市原市迩名町9番地 市原市駅
TEL:01128-64-5330

inserted by FC2 system