歴史

1900.1.1 棟方郡の現市域に棟方町、脇村、半田村、敦海(あつみ)村、青森村、四條(ししょう)村、岡村、斗山村、清良村、風深(ふうか)村、千川村、茂庭村、桝村、宮古村、
雪那村、由利村、那覇村、天海村が発足。
1907.2.5 棟方町が脇、半田の2村を吸収。
青森村が四條、岡、斗山の3村を吸収。町制施行。青森町になる。
1909.1.1 棟方町が敦海村の東半分を吸収
青森町が敦海村の西半分を吸収
1911.9.1 千川村が茂庭、桝、宮古、雪那、由利、那覇、天海の7村を吸収。町制施行。千川町になる。
1915.3.1 清良村が風深村を吸収。町制施行。清良町になる。
1919.3.1 棟方町が市制施行。棟方市になる。当時の人口、3万1564人。
1920.4.1 青森町が市制施行。青森市になる。当時の人口、3万72人。
1925.6.1 千川町が市制施行。千川市になる。当時の人口、3万765人。
1934.4.1 青森市が清良町を編入。
1965.4.1 棟方市が青森市、千川市を編入。当時の人口30万1500人。
1970.5.5 千川区天海が分離、棟方郡天海村(現、天海町)になる。
1972.5.1 きよら台、ふうか台の造成開始。
1979.8.1 人口が40万人を超える。
1987.6.1 人口が45万人を超える。
2003.6.1 人口が50万人を超える
2009.4.1 地域自治区制度廃止。
   
   

町名

旧棟方区 棟方町 脇町 半田町 東敦海町    
栗原 佐久間 胡桃 仁見 真井    
旧青森区  青森町 四條町 岡村町 斗山町 西敦海町  
雅日 青鹿 涼宮 小岡 中岡 大岡 小山 美里  
旧清良区 清良町  風深町 きよら台 ふうか台    
1丁目 2丁目 3丁目 4丁目 1丁目 2丁目 3丁目 4丁目    
旧千川区 千川町 茂庭町 桝村町 宮古町 雪那町  由利町
みどり 地比 須田取 新出 橋尾 旧戸 空瑠 安西 道明寺 宮本 道留
那覇町        
那覇 南久 名伊佐          

ご当地ナンバー『棟方』に向けて
 現在、県内には島村と宮本の2つのナンバーがあります。しかし、50万の人口を抱える棟方市において、いまだに島村ナンバーを付けることとなっています。
2014年、めでたく棟方ナンバーが登場します!
・棟方ナンバー所属市町村
 棟方市、棟方郡天海町


日本むなかたサミット
日本において、「むなかた」または「『むなかた』に関係のある」市町村が集まります。
・九斗県棟方市
・九斗県渥美市
・福岡県宗像市
・福岡県福津市
・福岡県宮若市
・福岡県古賀市
・福岡県粕屋郡新宮町
・福岡県遠賀郡岡垣町


inserted by FC2 system