東海環状自動車道 (豊田東JCT〜せと赤津IC編)
東海環状自動車道は、高速道路と思われがちだが、実際は国道475号線であり、普通の有料道路と同じであるがJH(現:NEXCO中日本)の管轄である。
起点は愛知県豊田市、終点は三重県。東海地方最長の有料道路になるのだろう。

1 豊田東 JCT 建設中(新東名と接続)
2 豊田松平 IC
3 豊田勘八 IC 足助方面
4 豊田藤岡 IC  旧藤岡町、猿投方面 
5 せと赤津 IC/PA 瀬戸市南部
IC→PAやPA→ICはできない。

申し訳ないのですが、携帯電話で撮った写真のため、ところどころ失敗しております

余談は此処までにして、レポートを始めます。


協力者
・我が家の父親(運転)



ここから 一般有料道路
上記のとおり、東海環状自動車道はあくまで国道475号です。ほかにもこういう例は圏央道が挙げられます。

[1]豊田東JCT

[2-1]鞍ヶ池PA 1.5km
[3]豊田勘八 5km
[4]豊田藤岡 11km
「中央道」 35km


[2]豊田松平 2.2km
豊田JCTから来た人はIC番号2の次が2って言うのが不自然かもしれませんが、豊田東ICの2は伊勢湾岸道の2。
松平ICのは、東海環状道の2。要するに、豊田東JCTは双方の[1]になるということだ。

[2]豊田松平 出口1.3km

五ケ丘(いつつがおか)トンネル
長さ 300m
うちの学校のスクールバスに豊田線ってあるんだけど、その五ヶ丘ってこの五ケ丘?

[2]豊田 松平 出口500m

[2]豊田松平IC

鞍ヶ池PA
[2-1]ETC出口
5.1kp

鞍ヶ池PA 500m
[2-1]鞍ヶ池SIC


鞍ヶ池PA、SIC

[3]豊田勘八 足助 出口2.2km
鞍ヶ池第1トンネル400m

鞍ヶ池第2トンネル 長さ450m

[3]豊田勘八 足助 出口 1km

[3]豊田勘八 足助
出口500m

[3]豊田勘八 足助 出口

[3]豊田勘八IC

[4]豊田藤岡                  5km
[5]せと赤津                  12km
「中央道」([30-1]土岐JCT)        29km
「東海北陸道」([6-1]美濃関JCT)     62km

[4]豊田藤岡 2km

[4]豊田藤岡 猿投 出口1.2km

[4]豊田藤岡 出口500m

[4]豊田藤岡 猿投 出口

[4]豊田藤岡IC

[5]せと赤津     6km
[6]せと品野     9km
「中央道」      23km([30-1]土岐JCT)
「東海北陸道」   56km([6-1]美濃関JCT)

猿投山トンネル 4310m

瀬戸市
私の在住地兼出身地。人口13.2万。愛知県下で38市ある中で1929年市制施行と5番目の市制施行を果たしている。
が、戦前までの勢いはどこへやら、今や完全に名古屋帝国の植民地となってしまった。一応中心部は尾張瀬戸駅周辺らしいけど…
イマイチザ・中心部みたいなのがなくなっちゃったよな。絶賛人口減少中也。
絵柄は陶芸家。…たぶん。

[5]せと赤津 出口1km
せと赤津PA 1km
PAからは出られません

[5]せと赤津 出口500m
せと赤津PA 500m
PAからは出られません。

[5]せと赤津


[5]せと赤津IC/PA

←PARKING AREA
↑[5]せと赤津 出口

[5]せと赤津IC料金所




感想とか
正直普段使わないwwww
というのも、我が家の場合旅先が大体長野か音羽蒲郡・浜松の方かの2択なんですよ。
長野方面へは中央道多治見の方がお得ですし、音羽蒲郡・浜松へは名古屋瀬戸道路を使うほうがお得です。
空港へも名古屋第二環状道(名二環)大森から知多半島道からのセントレアラインや、
名二環開通前でも名古屋瀬戸道路からの東名で伊勢湾岸道にのってそっから知多半島道みたいなルートでしたし。
土岐プレミアムアウトレットへも下道でいってもコレ使うほど時間変わりませんしねぇ・・・。品野行くくらいなら多治見中心部に行けますし…。
この前使ったのは2012年の夏。白川村と高山市に行ったときですかね。その時ですら長大トンネルの愛岐トンネルを避けて、
多治見から土岐経由で入りましたけどもwwwお金さえあれば、岡崎方面から長野・富山方面へ向かうにはもってこいの道路ですね。
コレ・・・いるかなぁ・・・。正直、僕の考えた守山多治見バイパスのほうが有用性あるんじゃないかぁ???

inserted by FC2 system